コメダ珈琲のコメダグラタンがおいしい4つの理由〜ハフハフ食べる

スポンサーリンク
728×90のPCトップに置いていた広告ウィジェット

スポンサーリンク


コメダ珈琲最高!

ども、修羅の国生まれ修羅の国育ちのとちろーです。
最近、福岡県北九州市にもコメダ珈琲が続々出店していて、カフェ好きの私としては嬉しい限り。
全国にいる仕事仲間からもコメダ珈琲いいな〜なんて声を頂いております。

さて、そんなコメダ珈琲にてほぼ毎日仕事をしている私。
経費ばかりかかってそんなに儲かっていないのですが、コメダ珈琲の居心地の良さは異常です。

朝からコメダ珈琲で仕事をして、ランチまでコメダ珈琲で済ませる。
挙げ句の果てには店員さんから「いつもありがとうございます」まで言われる私。

今回は私がいつも食べているコメダグラタンをご紹介します。

なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか? ―「お客が長居する」のに儲かるコメダのひみつ

コメダ珈琲のコメダグラタンがおいしい

コメダ珈琲はお料理メニュー、飲み物メニューが充実しているのですが、私のイチオシはコメダグラタンです
アツアツのグラタンをハフハフ言いながら食べるひとときは最高!
コメダ珈琲のコメダグラタン、その魅力を3つお伝えします。

グラタンと言えばチーズのお焦げ……ほどよく焦げていておいしい

IMG 0202
お米のお焦げもおいしいのですが、グラタンのチーズが焦げているのもまたおいしい。
歯ごたえがありつつチーズの香りがほんわり漂ってきて、私は大好きです。

写真を見て頂ければ分かるように、チーズお焦げのバランスが最高です。
焦げすぎず、焦げなさすぎず、それでいてちょっとだけ焦げが物足りない。

だからまた食べたくなるんですよねえ

毎回チーズのお焦げを楽しみに、コメダグラタンを頼んでいます。

コメダ珈琲が意表を突く!コメダグラタンにはノリトッピング

IMG 8323

これ、謎ですw
いや、何か意図があるんでしょうけど、なぜグラタンにノリなん?と毎回思っています。

しかしこのノリが良いアクセントになるんですよ。

普通のグラタンだと、ホワイトソースにチーズとマカロニ。
ちょっと飽きるんですよね。ぶっちゃけ。

でもノリがあると、ほのかに潮の香りがして、グラタンの甘みが引き立ちます。

謎のノリトッピングですが、これを書きながら気づきました。
やっぱりコメダ珈琲のメニューを考える人すげーわw

なにげに、コメダグラタンには2種類のパスタが入っている

IMG 8324
グラタンにはパスタがが2種類入っています。
ひとつはいわゆるマカロニ。
そしてもうひとつは名の知れないパスタ。
面倒くさいのでこの記事ではどちらもマカロニと呼びます

この2種類のマカロニ、特に謎のホタテ粒のような(写真の下のまる)マカロニが良い歯ごたえ、アクセントになるんですよ。

いわゆるマカロニ(筒っぽいやつ)も入っているのですが、普通のマカロニグラタンだとマカロニの量がちょっと物足りないんですよね。

でも、謎のホタテ粒っぽいマカロニがたっぷり入っているおかげで、どこを食べてもマカロニの歯ごたえです。

本当にこれは嬉しい。
実はもう何度も何度もコメダ珈琲のコメダグラタンを食べているのですが、こんなにたくさんマカロニが入っているとは気づきませんでした。

美味しさの秘密をひとつ解き明かしたような気分でとてもうれしいです!

コメダグラタンはプリプリエビがたまらん

コメダ珈琲のコメダグラタンにはプリプリなエビが入っております。
1個、とかそんなけちくさい量ではなくいくつも。
このエビを食べるのが楽しみでコメダグラタンを食べているのかも……私、ってくらいおいしいです。

私はそんなにエビ好きではない(むしろ殻を剝くの面倒で人にあげる)のですが、コメダグラタンのエビは大好きですね。

コメダグラタンの楽しみのひとつですので、ぜひこのエビの食感も味わって欲しいところです。

コメダ珈琲のコメダグラタンはすごくおいしいからとりあえず食べてみて

コメダ珈琲のコメダグラタンはとちろーのおすすめメニューです。

  • 良い感じのお焦げ
  • 謎だけどアクセントのきいたノリトッピング
  • 2種類のマカロニ(パスタ)の歯ごたえ
  • プリプリなエビ

がバランス良く美味しさを保っている感じ。

ぜひぜひコメダ珈琲のコメダグラタンをお試し下さい!

なおお値段は750円(税込)
全国のコメダ珈琲にてお楽しみ下さい!

コメダ珈琲 豆菓子 小袋タイプ(5.5g)×100個

コメダ珈琲の記事はこちらにもありますので、良かったらご覧下さい〜。
コメダ珈琲の「コメ黒」が本当におすすめの件

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする